2012年07月26日

ジューク/フットワーク 2012上半期TOP5 by Tokunaga Kizamu

Tokunaga Kizamu 's  2012上半期TOP5



1. DJ Rashad / Welcome to the Chi

2. Traxman / Callin All Freaks

3. DJ Fulltono / Fireworkz

4. EQ Why / What You Do

5. Paisley Parks (Pan Pacific Playa) / GO


[総評]
順不同です
(1)Getto TeknitianzのセルフレーベルLit City Traxの第一弾、オーナーDJ Rashadのアルバムからタイトルトラックをピックアップ。シカゴがダンスミュージックの第一線に返り咲いたことを高らかに宣言。
(2)Traxmanのアルバムの曲はフロアで何度も聴きましたが一番キラーなのはこの曲でしたね。
(3)この曲の入ったD.J.FulltonoのEPはテクノ的な高揚感のあるジュークが目白押しでした。
(4)ここ最近のEQ Whyの充実ぶりは目を見張るものがあります。Planet Muは彼のアルバムを出すべき。
(5)今年に入ってからsoundcloudにアップされてる曲のイカれっぷりは最高!そろそろ4枚目のEPの発売を期待したいですね。


---------------------------------------------------------------

徳永 刻 (fuckyeahfootwork / 京都)

http://fuckyeahfootwork.tumblr.com

Twitter: @kizaam



(c)BootyMusicJapan


ラベル:Tokunaga Kizamu
posted by BootyMusicJapan at 22:02 | TrackBack(0) | チャート | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。