2013年02月21日

DJ DEEON - DEBO G CHRONICLES Vol.1

CS2127152-02A-BIG.jpgArtist: DJ DEEON
Title: DEBO G CHRONICLES - VOLUME ONE
Label: BOOTY CALL

購入: JunodownloadbeatportiTunes
 サウスサイドゲットーハウスの伝説、DJ DEEONが今年に入っていきなり活発になってきた。先日リリースされたこのEPを皮切りに、まだリリース予定がある模様。地元でのギグも精力的にこなしており、地元シカゴでの逆輸入的JUKE人気に乗って今年は活躍しそうだ。
音は見事なまでに何も変わっていない。シカゴ通は自分のJUKEセットにサラッとDEEONトラックをカマす。自分は沢山のDEEONトラックを所有しているが、正直、何が良いかと聞かれると答えられない。手抜きではないかとも思われる地味なトラック。しかし何か気付いたら手に取ってプレイしているのだ。「Shake it」はHerbertのテックハウスMIXCDに入っているし、Cosmicからリリースされた「On Da Low」は90年後期のテクノDJが好んでプレイしていた。DJ Rashadは彼を崇拝しているし、TRAXMAN来日時には「Work It」で合唱が起こっていた。彼の作品群にはシカゴの根源にある、口では説明できない何かが凝縮されている。それを研究するつもりは自分には無い。ただただ浴びるだけだ。

それでは今後の活躍を願って、DEEON伝説の数々を紹介しよう!!
DEEON祭りじゃーーー!









(Fulltono)




(c)BootyMusicJapan2013


ラベル:DJ DEEON
posted by BootyMusicJapan at 23:29 | TrackBack(0) | リリース | 更新情報をチェックする

2013年02月19日

JUKEカレンダー






(c)BootyMusicJapan2013
posted by BootyMusicJapan at 00:06 | TrackBack(0) | JUKEカレンダー | 更新情報をチェックする

2013年02月17日

V.A. - Juke These Days (DUBLIMINAL BOUNCE x TRIBE)

2213448526-1.jpg

V.A.
Title: Juke These Days
Label: DUBLIMINAL BOUNCE
購入: Bandcamp (25 Track Free Download)

 日本のDUBLIMINAL BOUNCEとシカゴのTribe Nationalがタッグを組み、シカゴのバンド”Kids These Days and the Chance the Rapper“の曲をJUKEリミックスしたフリーコンピレーションを発表。この2つのレーベルは音の相性が非常に良いということが、このコンピを聴いて分かった。いや、相性というより、DUBLIMINALにTRIBEが組み合わさることによって不思議とDUBLIMINALのシカゴ的な部分が強調されて聴こえるというか。今までこんな面白いものを「日本人が作ってるから」という理由で軽視していたのかもしれない。(Skipさんごめんなさい...)。逆にTribe連中の曲って凄く無機質なイメージあったのに実はこんなに茶目っ気あったんだっていう。正直どっちがシカゴかどっちが日本か、曲だけ聴いてたら分からなかった。
 JUKEは元々シカゴ発信だったけど、日本がそれを真似して作り出した。いつの間にか日本のJUKEが好きだっていう人なんかも増えてきて、独自で盛り上がり始めた。そんな状況をシカゴでも喜んでくれている人は沢山いて、今回のようなコラボが実現した。
ヨーロッパのほうではDJ RashadがHyperdubからリリースという名門同士の融合が進んでいるけど、俺らは俺らで、お互い無名なレーベル同士で世界動かそうや!このコンピはそういう言葉を超えたコミュニケーションから生まれたひとつの挑戦なのです。
(Fulltono)




(c)BootyMusicJapan2013
posted by BootyMusicJapan at 00:38 | TrackBack(0) | リリース | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

DJ DL - Lost Files

3255662838-1.jpg
Artist: DJ DL
Title: Lost Files
購入: bandcamp

 先日Booty TuneからリリースしたAvery76と同じTRIBEに所属するDJ DL aka Lupeによる新作。Bangs & WorksシリーズやDJ NateのLPで聴ける荒削りなFootworkサウンドながらも、こっちのは断然ポップ。メロディや音ネタの刻み方がわりと長尺なので、ゆったりと聴けるのが印象的。25曲というボリュームながらも、非常にバラエティに富んでいるので全く飽きがこない。休日のティータイムにも似合いそうな、不思議で魅力的なFootworkトラック集。CD化すべきではないでしょうか。捨て曲無しでこのお値段(10$!!)。この素晴らしい才能に熱きサポートを。
(FRUITY / SHINKARON)


ちなみに彼はLupe名義でフットワークもしています。
※後攻がDJ DL aka Lupe




(c)BootyMusicJapan2013

ラベル:DJ DL
posted by BootyMusicJapan at 04:54 | TrackBack(0) | リリース | 更新情報をチェックする

2013年02月11日

DJ Earl - Obstacles EP

CS2131214-02A-BIG.jpg
Artist: DJ EARL
Title: Obstacles EP
Label: Moveltraxx
購入: Junodownload

 DJ EARLのEP「Obstacles」超良いです。1曲目からキックの感じとシンセ音で引っ張られるとこにボイスのグルーヴ感、たまらないです。Moveltraxxぽいです。
2曲目以降もブチ上がる!!!!ほんと、流石!!!の一言なんですがそれだけだと何がだよ!!とお叱りうけそうなんでもうちょっとだけ詳細に。
Earlの曲は、例えばRP Booとかの「うわ、、狂ってる、、、」とかの感想はないんですが、とにかくかっこいい。曲の構成が絶妙なバランスで3曲目みたいなサグ系のトラックもものすごく安定感があったり、4曲目のネタものも当然ながらキレッキレな味わい。
日本でこの安定感ある感じは絶対受けると思うんですよね(特にテクノ系とかのDJ諸氏...!!!)。
クオリティがハンパないのにフットワークのトラック特有のサグさも持ち合わせてるというか。とにかくマストバイな作品なのは間違いないです!!
結局印象だけの紹介になってしまいましたが、気になった方は是非聴いて購入して使いまくってほしいです!!!!!!
(CRZKNY / DUBLIMINAL BOUNCE)



(c)BootyMusicJapan2013
ラベル:DJ Earl
posted by BootyMusicJapan at 18:02 | TrackBack(0) | リリース | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。